菅谷充の小説最新刊!
仮想レース歴史小説
――架空戦記の皮をかぶったレース小説――
『旭日のGP(グランプリ)』
-- The Grand Prix of Rising Sun --
10月16日、学研・歴史群像新書より、上下2巻同時発売!
各巻850円+税
『旭日のGP(1)』 『旭日のGP(2)』
■ あらすじ

 1935年、日本人の技術屋(おとこ)たちが、日本製のグランプリマシンをひっさげて、日本人ドライバーとともに、グランプリの本場ヨーロッパに乗り込んだ。
 チーム名は、オーナー大倉喜七郎の名前をとった「チーム・オークラ」。 監督は、本田宗一郎。そして、ドライバーの名は、斑鳩悠馬。
 いま、オール・ニッポン・チームが、ヨーロッパと北アフリカのサーキットで、メルセデスに、アウトウニオンに、アルファロメオに挑む!
■ ネットで購入

■Amazonで『旭日のGP』上巻を購入
■Amazonで『旭日のGP』下巻を購入
■ リンク ■
■『旭日のGP』資料集
■旭日号のライバルたち
■The Spirits of Soichiro Honda
■作者のレース歴
■ 紹介/書評/感想 ■
■歴史小説作家・鳴海風さんの日記 ■はてなダイアリー:フエタロウさんの日記
■ホンダの軽トラT360を愛する越前SRさんの日記