Pythonによる対応のある(群内)
ノンパラメトリックデータの多重比較

・データを横組みで入れてください。最初の行からお願いします。

・記載されているデータはサンプルです(半角スペース区切り)。

・データは半角数字。区切り文字は半角スペース、タブコード、カンマのいずれかで。

・対応のある(群内)データの多重比較用なので、各群のデータは同じ数にしてください。数が違うとエラーになります。

・群名は上から第1群、第2群……になります。

大文字さとる

対応のある(繰り返しのある)分散分析(多重比較)に対応する、3群以上のノンパラメトリック・データの多重比較をします。

・多重比較の方法にはライアンの方法を使っています。結果の読み方についてはライアンの方法による多重比較の読み方を参照してください。

・ライアンの方法では2群の比較を繰り返しますが、その2群の比較にはウィルコクソンの符号付順位和検定を使用しています。

・Excelで縦(列方向)に並んだデータを横(行方向)に並べ替えたいときは、データのセルを範囲指定してコピーした後、「空いているセルを右クリック」→「形式を選択して貼り付け」→「行列を入れ替える」をチェック→「OK」の順で貼り付けてください。この方法で横組みになったデータを、上のデータ入力画面にコピー&ペーストします。


トップページにもどる